歯科はあらゆる口内トラブルでお世話になっても大丈夫【歯の平和を】

男女

歯のノウハウ

必ず人は一日一度する行動が食事であり、これをする事で出る問題が歯の汚れでありこれは簡単に落とせないものです。そんな問題の中で解決するために歯科医院が行っている取り組み

Read More

食事の注意点

歯が白いと健康で綺麗なイメージがつきます。歯科で行なうホワイトニングは歯科治療と違って、液剤などを使ってするので簡単にできます。ホワイトニングにも種類があるので自分に合った方法でしましょう。

Read More

利用できないケース

ホワイトニングに全ての人に同じ効果があるとは限りません。その人と歯の質や状態によって違いがあります。既に前歯が補綴物が入っていると利用できないケースもあるので相談してはじめましょう。

Read More

治療のトレンド

子供の発音がおかしい、食事の際に片方の奥歯だけで咀嚼する、常に口が半開きであるなど、口元の異変に気付いた場合は一度矯正歯科クリニックで相談してみることが大事です。なぜなら歯並びが悪かったり、顎の発達に異常が見られることでこのような弊害がもたらされている可能性があるからなのです。子供の頃にきちんと矯正治療を施しておかなければ次第に片頭痛や慢性的な肩こり、思考力の低下まで見られるようになるのです。矯正治療と言うと歯の表面に装置を装着するので見栄えが悪くなり子供でも治療に抵抗感を持つのです。しかし最近は装置の見えない治療なども存在し、治療のトレンドになりつつあります。特にインビザラインといった治療は子供でも抵抗なく治療を始められる方法なのです。

インビザラインとは歯に装置をつけるのではなく、透明のマウスピースを用いて歯に微弱な圧力をかけ歯を動かしていくのです。最近では多くの矯正歯科クリニックでインビザラインの治療も受けられるようになっているのです。他人に悟られることのない、治療を始めやすいインビザラインですが、マウスピースは自分で着脱が可能なために自己管理が非常に大事になるのです。食事の後にマウスピースを付け忘れ、そのまま就寝などすると治療がどんどん遅れてしまう可能性があるのです。そのため子供がインビザラインで治療する際は親がしっかりと監視して治療の指導を行わなければいけません。またマウスピース自体が汚れていたりすると虫歯リスクを高めてしまうのでマウスピースのお手入れも徹底させることが大事なのです。